1. ホーム

婚活デートの距離感は?大事にしたい相手の気持ち

婚活デートの距離感は?大事にしたい相手の気持ち

相手がどんなことを喜ぶか。そしてどんな距離感でいるべきか。恋愛の駆け引きのようにも見えますが、婚活する上でとても大事なことであると言えます。この距離感がわからないと、踏み込むのも、きちんと距離を取ってお互いを知るのも難しくなってしまいます。今回はお相手との距離感について、まだあなたが女性に慣れていない前提でお話します。

■物理的な距離感

相手との距離感については慣れるしかありません。正直な話として、相手のパーソナルスペースに自分がどれだけ入っても大丈夫なのかは人によって違うからです。しかし、必要以上に距離を遠くすると、逆効果にもなりえます。では、どのような意識でいると良いのでしょうか。

 

○相手の歩幅やスピード

歩くスピードについては、必ず相手に合わせること。これは鉄則です。スタスタと先に行く異性だとしたら、あなたはどう思います?これは相手の呼吸を知ることでもあります。まずはどんなペースなのか、聞いてあげることも大事です。ゆっくりが良いと言えばゆっくり歩きましょう。

 

○食事の際の座る位置

食事の時、真正面に座ることが多いのではないかと思います。とても緊張するので、斜めにしてあげたり、逆に隣に座る方が食べやすい場合もあります。その場合は距離感が近いので、相手の食べやすい隙間をちゃんと考えてあげましょう。それとトイレについては気を使った方が良いです。出やすい座り位置をきちんと考えてあげることが大切です。

 

○あからさまに狭いところに行かない

これについては最初だけ、と言っておいたほうが無難な部分でもあります。例えばあなたが上手だとしてもカラオケや、個室居酒屋の狭いところなどは避けましょう。とは言っても最初だけです。必要以上に距離を空けることだけを意識しないようにする。映画館や遊園地なども、何回かデートするうちに行くようになるでしょう。その時は逆に恥ずかしがらないことが相手にとっても自分にとってもプラスになります。

 

■精神的な距離感

心の距離、それは見えないものですね。その距離を知るには言葉を上手に使うことが大切です。

 

○相手の心の言葉を聞けるように

女性であれば、男性が何を考えているのか知りたくなります。たくさん、質問してくることもあるでしょう。その時に大切なのは、同じことで、失礼でなさそうなものであれば同じ質問をしてあげること。相手の女性は自分のことも知ってほしいのです。あなたに対しての質問は、自分にも聞いて欲しい内容であることも理解しましょう。

 

○自分の心の言葉を話せるように

これは嘘偽りなく、そのままの言葉を伝えるという意味です。飾ったような言葉、取り繕ったような言葉。何よりも本心でない言葉は相手の女性を不安にさせます。ごく、普通にいつも通りの自分で話すことを忘れないようにしましょう。

 

○素直な気持ちは必ず伝わる

心の中にある純粋な気持ちは素直に伝えるべきです。相手に何かを伝える時、余計なことを言うよりも真っ直ぐで伝わりやすい言葉を選ぶ。「〜〜〜〜〜で、〜〜〜〜だから付き合ってください。」こう伝えるのも良いですが、「好きだから付き合ってください。幸せにします。」くらいの方が好まれる場合もあります。好き、ということに理屈はありません。心の声を素直に言えるようになりましょうね。

 

■二人の距離感

物理的にも精神的にも距離感が掴めてきたとすれば、あとはその距離を近くしたいのか、遠くしたいのかを考える段階です。パターンごとに見てみましょう。

 

○踏み込みたいとき

男性は焦りがちです。今じゃないでしょ?というタイミングを狙ったのかのように失敗をしてしまいます。逆に、今でしょう?今なら、絶対に付き合うのに!といったタイミングを逃しがちです。なぜ、タイミングが合わないのか。それは相手の気持ちを理解していないからです。どうすれば相手の気持ちを理解出来るのか。それはやはり聞くこと、話すこと以外にはありません。コミュニケーションをする中で、お互いの気持ちを知り合うこと。それが出来ればタイミングを逃すことは絶対にありません。

 

 

○距離感が遠いと感じたとき

相手の女性との距離が遠い時、それはまだあなたに心を開いていない証拠であると言えます。なぜ、遠いのでしょう。それは信用されていない、不安に感じる、何よりもあなたのことを伝えきれていないからです。では、あなたが信用してもらうために、不安に感じさせないために、あなたのことを伝えましょう。あなたを知ってもらうことが最善の解決方法です。

 

○手を繋ぐために

さて、ある程度デートもした。心の距離もそれなりに近づいたと思う。今度は物理的な距離を0にしなければなりません。女性にとって触れる、触れられるというのは一番怖いところ、不安に感じる部分です。では、どうすれば手を繋げるのでしょう。実は心を開いていると感じているのであれば素直に告げるだけです。「手を繋いで歩きたい。」この一言を純粋に素直な気持ちで相手に言うことが出来れば、絶対に手を繋ぐことが出来ます。

 

 

 

■最後に

女性に対し、思いやりを持ち、自分の言葉を素直に話せるようにする。そして何よりも相手の言葉を聞いて、相手の気持ちを理解する。たった、それだけのことですが、最初はわからないので、もやもやしたり、ドキドキしたり、大変です。でも、それはお互い様だったりもします。婚活デート初心者同士ということもありますよね。それなら、なおのこと優しくしましょう。女性のことがわからなくても、優しく、思いやりを持ち、楽しくしよう。言葉を聞こう。言葉を話そうとすればきっと婚活デートは今以上に楽しくなりますよ。

 

女性が喜ぶ鉄板婚活デートコース1・2回目編

 

婚活デートで付き合うために男性が考えるべきこと

どんな婚活デートをすれば良いんだろう?どうすれば交際に発展するんだろう。付き合った経験の有無は別としても、そう考える男性は多いのではないでしょうか。今回は婚活デートをする中で、お相手の女性と付き合うために男性が考えるべきことについてお話します。

 

■婚活デートを楽しもう

婚活というだけで重苦しく感じていませんか。デートですから楽しむことが大切です。そして楽しくなければ相手も楽しくありません。では、どのようにするべきでしょうか。

 

普通のデートと何が違うの?

既に恋人やパートナーとして付き合っているのであれば別ですが、これからそうなる、そうなりたいと考えているのが婚活デートです。違いとしてはその他に結婚まで意識しているということ。あとは普通のデートと同じで楽しくすることが大切です。

 

婚活デート中に考えること

女性に不慣れな男性ですと、頭の中にどうすれば良いのかわからないまま時間が過ぎてしまうことがあります。他には結婚を意識するあまり、相手のことが見えなくなったり、何のために一緒に居たいのかをわからなくなってしまうこともあります。まず、デート中に考えるのは未来でも過去でもなく「今」です。相手の女性と楽しく過ごすことだけを考えましょう。

 

婚活デートの本質とは

これはとても大切なことです。遊ぶこと、楽しむこと。そして両方をちゃんとすることで相手の女性のことをもっと理解することができ、あなた自身のことも知ってもらうことが出来るのです。

 

■結婚に向けて交際?

目標とするのが交際なのか、結婚なのか。これは意外と考えなくても大丈夫です。むしろ、婚活デート中はあまり先のことを考えない。今、どうするのかだけを考えましょう。そしてどう考えるべきなのか、例としてあげてみます。

 

○焦りすぎることとのんびりすることは違う

例えば何度も婚活デートしているのに、交際していることにはなってないし、もしくは結婚なんて全然そんな素振りもないとします。そんな時にどうするべきかは、思い切って聞くことです。これは焦ることじゃありません。逆に、何度もデートしていないのに、いきなり結婚ですとか、付き合ってくださいというのはヘンです。のんびりと何回もデートすることと、焦ってすぐに告白することは別です。必ず、告白出来るチャンスはあります。待つこと、そして待ち過ぎないこと。タイミングを自分で感じ取れるようになりましょう。

参考リンク;いきなりデート

 

○付き合うというのはどういうことか

これはとても簡単で、相手に付き合って下さいと言うだけです。そして相手がOKすればお付き合いの開始です。今回、何度も楽しく、今を。そう告げているのはそれが理由です。付き合いたいと言うだけの男性は世の中にたくさんいます。彼女が欲しいだけの男性も同様です。その方たちと、実際に彼女を作ったり、結婚されている方の違いは「相手のことを楽しませること。」が出来るか否かだけです。相手の女性からすれば、楽しくもないのに付き合いたくないですし、結婚なんてもっての他です。逆に言えば楽しくて、かつ優しい。思いやりがある。そうなればお付き合いする対象にもなりますし、結婚だって考えるでしょう。

 

○しっかりと男性から伝えるべきこと

ある程度お互いのことがわかり、ちょっとした冗談を言い合える、いたずらも楽しくなってきた。そうなってくると相手の女性は言葉を待ちます。それはも、待ってます。あなたから付き合ってくれ、という言葉です。これは男性から伝えるべきことです。絶対に、男性から言った方が女性は喜びますし、大事な思い出として、ずっと覚えておいてくれます。

 

■結婚生活のデモ体験ではない!

婚活に対し、根本的に間違ったイメージを持っている状態ですね。結婚生活のデモ体験などではないという意味についてご説明します。

 

○婚活は婚活

婚活は交際や結婚を目標として取るべき行動を指します。結婚は結婚でまた学ぶ部分がありますし、また別の楽しみがたくさんあります。婚活している時は婚活を楽しみましょう。

 

○結婚をどこまで意識しているか

ここが大切ですね。結婚を何か理想ですとか、夢だと考えているのであれば間違ってます。結婚は他人との現実の共有です。良いことも悪いことも、お金(貯蓄・借金・自己破産がないか)、子供、育児、老後など、全部現実です。結婚をどこまで意識しているか、それは現実をどれだけ見れているかという意味になります。

 

○自分主体か、相手主体か

これは性格による部分もありますが、相手主体が一番スムーズに婚活は進みます。相手を大切にすることで、自分に返ってくるからです。自分主体ですと、自分だけが得をしたような気持ちになるだけで、終わってしまいます。

 

■最後に

婚活は健全な男子であれば、恥ずかしいことではないですし、むしろ推奨されるべきことです。普段の生活の中で異性との出会いがないことも恥ずかしいことではありません。積極的に婚活をして、あなたの人生が豊かなものになるように、楽しく婚活デートをしましょう。

 

 

女性が喜ぶ鉄板婚活デートコース1・2回目編

結婚相談所案内所について

当サイトでは、結婚相談所について様々な情報をご紹介致します。

「結婚相談所」というと、「結婚ができない人が高額な費用を掛けて行く所」「普通の出会いができない人」「どこか恥ずかしくて人に言えない」といった印象がまだまだあります。

しかしながら「結婚相談所」は成婚に向けて最高の婚活手法であり多くのメリットがあります。

当サイトでは、「結婚相談所」についてのメリットや選び方、活用方法をご紹介しております。

当サイトを通じて成婚を勝ち取って下さい。